スペイン旅行記12)世界遺産アルハンブラ宮殿とヘネラリーフェ庭園の見どころ|海外女一人旅ブログ

スポンサーサイト

こんにちは。
アラフィフ女一人旅のnanacoです。

グラナダ3日目は歩いてアルハンブラ宮殿へ行ってみました。

初日の夜出かけた時と比べると、あまりに印象が違っていたため、比較しながらまとめてみたいと思います。

こんにちは。 アラフィフ女一人旅のnanacoです。 年内最後の海外旅行はスペイン! またかよ!って思われるでしょうが、観光す...

ヌエバ広場からゴメレス坂を歩きアルハンブラ宮殿へ

初日は夜8時にアルハンブラ宮殿を訪れましたが、この日は昼12時の予約を入れていました。時間に余裕があったのでホテルから歩いて行くことに。

アルハンブラ宮殿へとつづくゴメレス坂を上りザクロ門へ

ザクロ門 Puerta de las Granadas
Googleマップで場所を見る

商店街を抜けるとアルハンブラ宮殿へつづくザクロ門に到着します。

門をくぐってからは、しばらくこんな感じの山道を歩き

初日は真っ暗な夜出かけたので遠く感じましたが、実際歩いてみるとヌエバ広場から10~15分程で到着です。

こんにちは。アラフィフ女一人旅のnanacoです。 グラナダへ到着した日「アルハンブラ宮殿」夜の入場を予約していたのですが、行きも帰りも迷...

裁きの門を通りアルハンブラ宮殿へ

裁きの門 Puerta de las Granadas
Googleマップで場所を見る

門の上部に描かれている「手形」と「鍵」は、イスラムの5つの戒律である「神の統一、祈り、断食、布施、巡礼」を意味し、信仰の象徴なのだとか。

夜はここまでたどり着くのに散々迷いましたが、ホテルから歩いてもすぐたどり着ける距離で。時間があったのでチケット売り場へも行ってみました。

アルハンブラ宮殿の入場チケットを当日購入するには

アルハンブラ宮殿チケット売り場
Access Pavilion of the Alhambra
住所:Paseo del Generalife, 1F, 18009 Granada, スペイン
Googleマップで場所を見る

私が行った時はそれほど人も多くなかったので、並ばずチケットを購入できましたが、時期によっては大行列が出来ることも珍しくありません。

並ばずにチケットを購入したい人はこちら

当日入場チケットを購入する時の注意点

  • チケット購入にはパスポートが必要
    私はパスポートのコピーでも買えました
  • 当日入場出来ない場合がある

グラナダを観光する人のほとんどは、アルハンブラ宮殿に訪れる目的の人がほとんどですから、当日の入場が出来ない場合もあるので注意が必要!

アルハンブラ宮殿チケットの種類と予約方法や金額

アルハンブラ宮殿のチケットは事前予約されることをおすすめします。

ネットでの予約方法など詳細を読む。

グラナダのおすすめ世界遺産アルハンブラ宮殿の見どころ

スペインと言えばキリスト教のイメージがありますが、長年イスラム教徒の支配下にあったのです。その当時イスラム王朝の拠点だったのが「アルハンブラ宮殿」です。

アルハンブラ宮殿の「アルハンブラ」の意味は「赤」を意味していて「赤い城」とも呼ばれています。宮殿に使用されている壁には赤鉄を含んでいるとか。

日本語オーディオガイドをレンタル

アルハンブラ宮殿に入場する手前で「オーディオガイド」の貸し出しを行っています。

  • オーディオガイドのレンタル
    料金:6€(約750円)
    クレジットカードの提示を求められます


色んな言語で聞く事ができ、もちろん日本語でのガイドも可能です。

日本語オーディオガイド付き
アルハンブラ宮殿入場チケットの詳細

夜のアルハンブラ宮殿内との比較

宮殿内は夜来た時とまったく印象が異なり、壁や天井などの装飾も全然違って見えました。

こちらは夜のライトアップ

夜は散々道に迷ったあとなので気持ちが動揺し、さーっと流して見学する感じになってしまいました。

でもライトアップされたアルハンブラ宮殿はとても美しかったので、夜も見学しておいて良かったと。先に日が昇っているうちに見学し、夜の見学は後の方がおすすめかもです。

色とりどりのタイルが美しいメスアールの宮殿(裁きの部屋)

中庭の緑も見えるとさらにキレイ

中庭も丁寧に手入れをされ美しく作られています。

アラヤネスの中庭

ナスル朝宮殿の中で最も有名な場所と思われている場所で、

昼間の画像には映っていませんが、この向かい側には池があり、水面に映る建物や柱などにうっとり。

ライオンのパティオと中庭

アルハンブラ宮殿の見どころのひとつ「ライオンのパティオ」中央にいる12頭のライオンがその由来だと言われています。

柱などの細かな装飾が見逃せません!

二姉妹の間

あんぐり天井を見上げてしまった場所。

国王には36人の妻がいて、その王国婦人の部屋だったのがここなのだそうです。

人気のエリアで観光客も足を止め撮影する人が特に沢山いました。

アルハンブラ宮殿から見るアルバイシン地区の景色

夜はとても静かに見えていた街並み

日中はこんな感じで見えるんだと感動

宮殿からのぞく景色も絵になります!

ブドウ酒の門|アルハンブラ宮殿内の休憩所(トイレ、自販機、荷物預かり)場所

「ブドウ酒の門」の側に荷物を預けられる場所があり、ちょっとした休憩室が設けられています。

軽食や暖かい飲み物などの自販機やトイレなどもあります。座る場所は奥の階段部分に少しあるだけ。

ブドウ酒の門 Puerta del Vino
住所:Plaza Algibes Alhambra, 2T, 18009 Granada, スペイン
公式サイト:http://www.alhambra-patronato.es
Googleマップで場所を見る

ヘネラリーフェ庭園

宮殿から少し離れた場所に「ヘネラリーフェ庭園」があり、ここはヘネラリーフェ庭園の入口です。

ナスル宮殿とヘネラリーフェ庭園、どちらも観光出来るチケットを購入していたので中に入ると背の高い木々でできた道がお出迎え。

庭園側からは宮殿が見渡せて良い景色!

12月に旅行したため花などはあまり見かけませんでしたが、春から夏にかけてはもっと綺麗なのでしょう。

スペイン全土で見かけたオレンジ色の実を付けた木々

インスタ映する場所のオンパレード!

噴水はここだけでなく庭園内のアチコチで見ることができ、

常に水が溢れ出すように造営されているようです。

ヘネラリーフェ庭園は夏場避暑地として使われていたようで

こんな階段にそって水が流れているのも、涼しさを演出する工夫なのかもしれませんね。

一通りアルハンブラ宮殿内の観光を終え帰りはバスを利用。

バス停も夜一度来ているのですぐ分かりました。

ちなみに夜のバス停との比較(;^ω^

こんにちは。アラフィフ女一人旅のnanacoです。 グラナダへ到着した日「アルハンブラ宮殿」夜の入場を予約していたのですが、行きも帰りも迷...

つづく

ポチっと応援お願いします(*´∇`)(。´∇`)

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

人気ブログランキング

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク