イタリア旅行記6)ベネチアの安宿はこんなもんだ!海外女一人旅ブログ

スポンサーサイト

こんにちは。ナナ旅の
nanaco(@nanaco46841391です。

深夜ミラノを出発し朝5時にはベネチア到着。そんな寝ぼけまなこに飛び込んできたのは、雨風で荒れ狂うベネチアだった!

こんにちは。アラフィフ女一人旅の nanaco(@nanaco46841391)です。 ミラノのバスターミナルを0時に出発し...


この時の様子は旅行中ブログに書き込み済

あまりに悲惨な顔なのでモザイク…

強い雨風のなか1時間程さまよい歩き、持って来た雨ガッパや傘などは全く役に立たない状況_| ̄|○

このとき思いました…

安いカッパや折り畳み傘は
役に立たない!

ってことです(*´□`)゚

100均で買ったカッパは薄手で風に飛ばされ、雨風から身を守ってはくれません。しかも柔らかくて弱いため、ボタン部分はすぐに破れる。

旅行用に軽い折り畳み傘を持って行きましたが、ご想像どおり一発で壊れたのです。

雨合羽、折り畳み傘、旅行用に軽い物を選びがちですが、

丈夫なものを選ぶ

多少重くてもコレに限ると。

そしてもう一つはスーツケース!

駅に到着する迄に、
取っ手が壊れるハプニングまで!

朝5時に到着し、こんな状況に襲われるなんて夢にも思いませんから、パニック状態でベネチア初日を迎えてからのお話しです。

ヨーロッパ女一人旅!イタリア→オーストリア→スイス旅行18日間のスケジュールと、宿泊するホテルの詳細を書き出してみました。その結果、ヨーロッパ周遊旅行18日間の全費用は!?ホテルは安宿やゲストハウスを利用したため、まずまずな感じで安く計画できているかと思います。

ベネチア1日目豪雨の中宿泊ホテル探し

ヴェネツィア・サンタ・ルチーア駅
Stazione di Venezia Santa Lucia
Googleマップで場所を見る

朝早すぎてホテルで荷物を預かってもらえません。仕方ないのでサンタルチア駅でしばらく待機。

5月のイタリアはとっても寒かった…

薄手のダウンが手放せないほど寒くて。

そのうえ雨で全身、靴の中まで濡れているのですから、本当に風邪ひくんじゃないかと心配したほどですヾ(;∀;)ノ

唯一ラッキーだったのは、予約した宿がサンタルチア駅の側だったこと。

雨が少し落ち着いてきたところで、宿探しへと出発です。Googleマップ通りに歩いて行くと、

こーんな路地を歩いて行けと!

中腰にならないと歩けませんが、皆さん中腰で通り抜けていたので私もついて行ってみる。

明るい時間帯は良いのですが、日が沈むとこの道けっこう怖い…

雨が降っていますが暗くはないので、ベネチアの味わいある街並みは楽しめたりします。

予約していた宿ですが、安宿なので簡単に見つかるわけもなく(-_-;)




ベネチアの安宿ホテルピッチンハウスの口コミ

女一人旅ベネチア

ホテル ピッチン ハウス (Piccin House)
Ramo Quinto Gallion O del Pezzetto, 1160, 30125 Venezia VE, イタリア
Googleマップで場所を見る

シングルルーム(共用バスルーム)
2泊 12,586円(1泊 6,200円)

名前に「ホテル」って書いてありますが、実際はこんな感じ!

ベネチアのゲストハウス

表札も出ていなければ、ホテルらしくもない。

地図を見ながら何度もこの周辺をうろつき、近所の人に聞いても知らないと言われ。

戸惑っていると、宿のオーナーらしき男性が話しかけて来た!どうも宿の2Fから様子を伺ってたらしい。

そしてやっと部屋に入ることが出来たのです。

表札が「1160」しか書かれていない扉が、ホテルだなんて分かるかい!!

散々な目にあい、やっと部屋へ入りひとまずホッとしました。

ここは共用スペースのリビング。

安宿ですが、寝るだけなら全く問題ありません(鍵のストレスが少々)とても綺麗で潔癖なんじゃないかってくらい清潔でした。

冷蔵庫内も綺麗にしてあったので、ちょっとしたサラダやヨーグルトなど、安心してストック。

他の人はリビングをほとんど利用しないので、夜はPCで「ワイドナショー」など観ながら食事をすることも。私一人くつろいでいた感じ。

奥にキッチンもあり洗濯機が置いてありましたが、宿泊者は利用不可です。

ベネチアの駅から最も近いホテルとしては、1泊6,000円でも激安なうち。ベネチアの安宿なんてこんなもんですよ。

こんにちは。アラフィフ女一人旅の nanaco(@nanaco46841391)です。 なんかもう、 今回の旅行は色んなこ...

この日一日に起こった内容は、旅行中すぐブログに書き込みましたので、よろしければお読みください。悲惨な状況を楽しんで頂けるかと思います(;´Д`)

最悪ベネチアは水没することもあるので、水没しなかっただけでもまだましだと考えましょう!

雨がやんできたので夜のベネチアを少し歩いてみました。

やっぱりヨーロッパの夜は美しい!

つづく

< ランキングに参加しています >
バナーをクリックするとポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

人気ブログランキング

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク