【広島復興応援旅行の計画】おもてなしホステル宮島さんとコラボ|女一人旅ブログ

スポンサーサイト
この度の「平成30年7月豪雨」により、尊い命が失われたことに深い哀悼の意を表します。同時に、被災された多くの皆さま、関係者の皆さまには、心よりお見舞い申しあげます。

こんにちは。
アラフィフ女一人旅のnanacoです。

私がノンキに旅行している最中、日本では豪雨によりとんでもないことになっていました。

以前アメブロを利用していた時、広島在住のブロガーさんと知り合い今でも交流があります。

そのアメ友さんが勤めている「おもてなしホステル宮島」さんと一緒に、少しでも復興のお手伝いが出来ないか考えている最中です。

少しづつ計画が進みつつあるので、その内容をまとめてみました。

プーケット(タイ)スマトラ島沖地震での津波がきっかけ

10年ほど前ピピ島(タイ)へ一週間滞在した時のことです。

ピピ島が一望できる場所があると知り「View Point」へ行ってみることへしたのです。ちょっとした山を登るのですがけっこうキツイ!

途中であきらめ引き返そうと思っていたとき、道で出合ったタイ人の男性が、もうちょっと行けば眺めがいいから!と、私を引っ張って行ってくれたのです。

Ana Celpanovaさん(@anacelpanova)がシェアした投稿

写真が残っていなかったので、Instagramでの画像をお借りしました。まさにこんな感じでピピ島全体を見渡すことができます。

現地の人から聞いたピピ島での被害

私を案内してくれた方は、観光の仕事をしていると話していました。

そしてカタコトの日本語と英語で、ピピ島で起きた津波の話しをしてくれたのです。

津波が起きた日、矢印の様に潮がどんどん引いていったそうです。

「つなみ」を知らない現地の人達は、沖へ沖へと魚を取りに行ってしまったのだとか…

当然引いた潮は大きな津波となって戻って来ました。

ウエストの様にくびれている辺りがピピ島の繁華街で、津波に全てが飲み込まれてしまったと言うのです。

ヨーロッパ人の復興応援ツアー

プーケットはヨーロッパの観光客がとても多い場所です。ピピ島が津波の被害にあい、何もかも潰れてしまった時、

こんな時だからこそ、自分達が行ってお金を落とさなきゃ復興しないじゃないか!

この様に大勢のヨーロッパ人が「復興ツアー」としてピピ島に来てくれたと言うのです。ヨーロッパの方々が取った行動を知り、とても感動しました。

当時わたしは小さかった息子を連れて来たかったのですが、周囲から

津波にあった場所に連れて行くなんて!

ひどく反対され、一緒に行くことが出来ませんでした。

でも日本人の大半は同じ様な考えを持っていると思います。大きな被害にあった場所へ、すぐ旅行に出かけると言う発想は、少なくてもないのではないでしょうか。

こんなこともあり今回被害を受けた広島復興を目的とし、広島へ行こうと考えたのです。




おもてなしホステル宮島さんとコラボ!広島復興応援計画

今回アメ友さんが勤める「おもてなしホステル宮島」全面協力のもと、広島のおすすめスポットを案内して頂けることとなりました!

広島・宮島・地御前ゲストハウス
Miyajima Hostel Hiroshima Guest House
おもてなしホステル宮島
OMOTENASHI Hostel Miyajima
〒738-0042 広島県廿日市市地御前五丁目15-10
5-15-10, Jigozen, Hatsukaichi-shi, Hiroshima, 738-0042, Japan
公式サイト

https://omotenashi-hostel.com/

おもてなしホステル宮島は1泊2,500円~のドミトリータイプから、和室・洋室の個室などもあり、海外からの観光客の方もとても多い人気のホステルです。

広島の観光名所へもすぐに行けちゃう便利な立地。しかも2016年に出来たばかりなので館内はとても綺麗なんですヨ!

私も実際宿泊してきたいと思います♪

9月~11月のどこかで計画していますので、計画が固まり次第また報告させて頂きます(‘▽’*)

ポチっと応援お願いします(*^^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

人気ブログランキング

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク