悩ましい!世界一物価の高いスイスを旅行する為の準備|海外女一人旅ブログ

スポンサーサイト

こんにちは。アラフィフ女一人旅の
nanaco(@nanaco46841391です(*’-‘*)

今一番悩んでいるのが5月旅行。行きはフィレンツェ、帰りはチューリッヒから帰国するのですが、調べたところスイスの物価がバカ高い!ってことが分かったのです。

スイスの物価がいかに高いか。出来るだけ安く旅行するには、ヨーロッパ周遊に便利なグッズなどをまとめていきたいと思います。

物価の高いスイスをリーズナブルに旅行する方法

楽しみにしていたスイスですが、物価が高過ぎる件で悩んでいます。

基本わたしはできるだけ「リーズナブル」に旅行を楽しみたいと考えています。しかしスイスではどうも難しいようなのです。

SNS経由でスイスの物価について尋ねたところ、毎年ヨーロッパで乗り鉄をしているMさんに、スイスでの事情などを詳しく聞くことができました。

アドバイス頂けた内容を、忘備録も兼ねてまとめてみたいと思います。

日本とスイスの物価を比較

スイスの物価

スイスでは飲食代はいくらくらいなのか?

  • 500mlの水が450円位
  • 街の食堂でランチしても3000円以上
  • 天丼一杯5000円もする日本レストランも

これ見ただけでも日本とは桁違いってことが分かりますよね(><)他にもマクドナルドの一番安いセットが1,500円~だとか。

少しでも安く抑える為のアドバイス

そこで少しでも安くする為のアドバイスを教えてもらえたので、シェアしたいと思います。

食事を出来るだけ安くすませるには
co-op の看板を見つけたら水や食料は買いだめしておきましょう。

このアドバイスはとても貴重!

スイスでよく見かける2大スーパー

  • coop(コープ)
  • MIGROS(ミグロ)

この2か所においては良心的な価格で食品など販売されている様なのです。

私はそこまで食へのこだわりがなく、お腹が満たされればOKな方なので、coopを見つけたら買いだめしなきゃ(T▽T)

スイス登山鉄道は片道30分で往復1万円以上!

スイスの物価

高いのは食品に限ってだけでなく、移動手段として必要な「登山鉄道」なども、片道30分位でも往復1万円以上平気でボッタくるのだとか。

物価の高いスイスを旅行する為の計画

これらの情報を元に色々調べ、

  • スイスでの滞在期間を短くする
  • 宿泊する場所を安く抑える

この様な結果にたどり着きました(;´ω`)

滞在期間を短くするにあたり、18日間のルートの見直しもすることとなったので、地図で説明したいと思います。




イタリア→オーストリア→スイスの周遊ルート

ヨーロッパ旅行

こちらが最初の計画で、フィレンツェ→ベネチア→ミラノと、イタリアの定番観光ルートを回ったあとスイスに行く予定でした。

でもこれだとスイス滞在期間が長くなる!

そこでMさんだったら、フィレンツェ→チューリッヒ迄どのルートを旅行するか聞いてみたところ、色々アドバイスを貰えルートを変更してみました。

ヨーロッパ旅行

その結果作り直したのがこちら。

オーストリアにも行ける事を知り、ちょっと欲張りなルートを考えてみました。

<イタリア>
フィレンツェ→ラ・スペツィア泊モンテロッソ観光→ミラノ→ベローナ→ベネチア
<オーストリア>
インスブルック→ザルツブルク
<スイス>
シュタイン・アム・ライン→ローザンヌ→ベルン→チューリッヒ

これ全部行けるかは謎ですが、行けるだけ行ってみようと考えています。

18日間でこれだけ移動するとホテルは決めず、小さなスーツケースで旅行した方がベストなのだろうと…。う~ん、悩む…

そこでKさんより、電車での移動にこれがあると便利!ってアプリなどを教えて貰ったので紹介したいと思います。




ヨーロッパ周遊旅行で便利なアイテム&アプリ

列車で必要となるものと言えば「時刻表」。

Googleマップでも調べられなくはないのですが、ヨーロッパを周遊するために、ある程度プランニングする必要がありますよね。そこで活躍するのがこの2つは必要かと。

Rail Planner(レイルプランナー)

Rail Planner(レイルプランナー)

Rail Planner(レイルプランナー)
公式サイト
https://www.eurail.com/jp

アプリについて

Rail Plannerは、どこにいても列車の情報を検索することができるツールです。オフラインでヨーロッパの列車の発着時刻を簡単に調べることが可能!

レイルプランナー入手方法

Rail Plannerは iPhoneAndroid どちらにも対応していて無料でダウンロードできます。

iPhoneの場合
App StoreにアクセスしRail Plannerを検索
Android の場合
Google PlayにアクセスしRail Plannerを検索

Rail Planner(レイルプランナー)の機能

私も早速インストールし、いつでも使えるようスタンバイOKです!Rail Plannerで使える機能は下記のとおり。オフライン時刻表いがいにもかなり使える様です。

  • Eチケット予約
    Eチケットの予約にはインターネット接続が必要
  • 現在地付近の鉄道駅を検索
  • 発着情報を検索
    すべての鉄道駅の発着情報を検索
  • 便利なお気に入り機能
    よく検索する情報をお気に入りとして保存
  • ユーレイルパスホルダー
    すべてのメリットを表示
  • インタラクティブ地図が便利
    鉄道旅行をビジュアル化

Rail Planner(レイルプランナー)があれば、現地で駅を乗り間違えて降りてしまった時にも(過去何度も経験あり)便利って思いましたね。

おすすめ便利アイテムもう一つはこちら。

ヨーロッパ鉄道時刻表2019年冬ダイヤ号

ヨーロッパ鉄道時刻表2019年冬ダイヤ号

ヨーロッパ鉄道時刻表2019年冬ダイヤ号

こちらは購入しようか悩みましたが、でもイタリア→オーストリア→スイスを電車で移動するのに、やっぱりないと困るだろうと思い購入。

ヨーロッパ鉄道時刻表2019年の内容

ヨーロッパ国際路線のほかに、ヨーロッパ37ヵ国の主要鉄道路線および国際航路の時刻表を掲載。2018年12月9日よりベルリン~ヴロツワフ~ウィーン間の国際夜行列車ナイトジェットが運行開始されます。またハンブルク、ドルトムンド~ウィーン間の直通の高速列車ICEが増便されます。(有効期間 2019年6月8日まで)。

掲載されている主要な鉄道路線の時刻表

国別の大まかな路線図があり便利!

イギリス、アイルランド、フランス、ベルギー、オランダ、スイス、イタリア、スペイン、ポルトガル、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、ドイツ、オーストリア、ポーランド、チェコ、スロヴァキア、ハンガリー、スロヴェニア、クロアチア、ボスニアヘルツェゴビナ、セルビア、モンテネグロ、マケドニア、アルバニア、ギリシア、ブルガリア、トルコ、ルーマニア、ウクライナ、モルドヴァ、リトアニア、ラトヴィア、エストニア、ロシア、ベラルーシ

「ヨーロッパ鉄道時刻表2019年冬ダイヤ号」前半には、日本語解説のページがあるのでとても分かりやすく、プランニングの強い味方となります。

まだまだ詰めないといけない事がいっぱい!でもヨーロッパも、この旅行が終わるとなかなか行けなくなるかもなので、しっかり計画を立てたいと思います。

ポチっと応援お願いします<(_ _)><(_ _)>
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

人気ブログランキング

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク