ベトナム旅行記1)旅行中のトラブル発疹&痒みの原因は?ホーチミン滞在中!海外女一人旅ブログ

スポンサーサイト

こんにちは。
アラフィフ女一人旅のnanacoです。

現在ホーチミンを旅行中なのですが、昨日夕食を終えホテルに帰って来た辺りからなんかへん!足や腕にポツポツと発疹が出てきている。しかも痒みもある!

こんな時にブログ書いてる場合じゃないだろ!って感じですが、少しパニくってるので気落ちを落ち着けるためにも、原因や症状について記録していきたいと思います。

こんにちは。 アラフィフ女一人旅のnanacoです。 ホーチミン迄の航空券やホテルの手配が完了したので、さっそく14日間のスケジュー...

ホーチミン旅行中のトラブル!発疹と痒みの原因は?

予測される発疹の原因1)クチトンネルでの虫刺され

ホーチミン現地ツアー

昨日は朝から「クチトンネル」の現地ツアーへ参加しました。ベトナム戦争の当時を体験するツアーで、地下に掘られたトンネルでの生活を見学したり、当時主食にしていた食べ物を食べたりしたのです。

森の中での体験なので、虫に刺されても不思議ではありません。マレーシア在住の元同僚に話すとデング熱ではないかと言うのです!

デング熱とは
デング熱とは、蚊によって媒介する感染症です。 デング熱感染後の潜伏期間は2~15日(多くは、3~7日)。その後、突然の発熱で発症し、頭痛、結膜充血等を伴うことが多くあります。
情報提供:感染症・予防接種ナビ

<(T◇T)>オーマイガー!!

それだけは勘弁して!って感じ!!

今迄元気に旅行出来てたのが奇跡なくらい!考えてみたら何が起こっても不思議ではありませんよね。

とりあえず持参していた虫刺されの薬「ムヒ」を塗ると、少し落ち着いてきた気がする。寝たら翌朝には良くなるだろうと考え、この日は早めに就寝。

しかし翌朝目が覚めても発疹はあり痒みもある!!気が付くとお尻や腕の当たりも痒くなってきて、まさかの

蕁麻疹!?

そこで前日食べた物を振り返ってみました。

予測される発疹の原因2)食事にアレルゲン蕁麻疹の要素は?

ホーチミンに来てから生ものや、魚介類(生春巻きに入っていたエビはある…)ほとんど食べていない。可能性があるとすると、昨日食べたサラダの半熟卵

これかなー…

ちょっと危険を感じたので、4個あるうちの2個残したんだけど…

そこで常備薬にアレルギーを抑える薬を持って来ていないか調べてみたらあった!



ホーチミン旅行に持って行った常備薬

毎回持参する多めの常備薬セット

  • 正露丸
  • ストッパ(急な腹痛)
  • ロキソニン(鎮痛剤)
  • 胃薬
  • 総合風邪薬
  • 抗生剤
  • 軟膏
  • ムヒ(かゆみ止め)
  • 消毒スプレー
  • 飲む日焼け止め
  • シナール
  • トランサミン

基本はこれだけですが、

なぜか今回はフェキソフェナジンが入ってた!

フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg
ヒスタミンH1受容体拮抗作用や各種ケミカルメディエーター遊離抑制作用などを有します。通常、アレルギー性鼻炎・蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎・皮膚そう痒症・アトピー性皮膚炎)に伴うかゆみの治療に用いられます。
情報提供:くすりのしおり

なんてラッキーなんだ!!

ってことでさっそく飲んでみた。

・・・・・。

発疹はおさまらない(≧□≦;)

とにかく可能性として考えられる原因は

  • 虫刺され
  • 食べ物によるアレルギー
  • 疲労による免疫力低下

今のところ患部にムヒ塗って、フェキソフェナジンも飲んだ(ホントはダメだけど少し多めに…)あとは身体を休める!コレ基本の様な気がしたので夕方までガッツリ寝ました!

そしてブログを書いているいま、発疹や痒みが落ち着きつつあります…。

ホーチミン市内は旧正月の関係で、医療機関も限られています。しかも、日本語が対応しているトコでなければダメなのです!

明日はどうなる!?

つづく

ポチっと応援お願いします<(_ _)><(_ _)>
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

人気ブログランキング

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク