バリ島旅行記16)サヌール→レンボンガン島アクセス方法|海外女一人旅ブログ

スポンサーサイト

こんにちは。
アラフィフ女一人旅のnanacoです。

いよいよサヌールからレンボンガン島へ出発です!これから各島へちゃんと行けるのか不安だらけの出港です(^^;

こんにちは。 アラフィフ女一人旅のnanacoです。 今年に入り4回目の海外旅行となりました。いつものごとく「リーズナブル」に一人旅を満...

バリ島サヌールのゲストハウスを後に

3泊4日お世話になったラダホームステイ(ゲストハウス)ですが、家族(親族?)で運営されている様でした。

お父ちゃん(オーナー)、奥さん、息子君二人、娘さん二人。

上の娘さんは超!ナイスバディーで、船のチケットなどの仲介業務を行っていてたのです。この娘さんからレンボンガン島へのチケットをお願いしました。

オーナーは厳しくて優しい威厳のあるお父ちゃんなのです。私がドライヤーを借りに行った時「ここはホテルでもヴィラでもないんだよ」と言われ納得。その時初めてここがゲストハウスだって事に気が付いたんです。

いまだにホテルとゲストハウスの違いがよく分かりません。

息子君達もゲストハウスの仕事を懸命にこなしている、本当に良い子達なんです。

チェックアウトの時オーナーに「素晴らしい息子さんと娘さん達ですね」と伝えると、まんざらでもない笑みを浮かべた(^^)

オーナーの背中を見て育ったからなんだろうなって思った。オーナーはお母さんの手が回らない時などは台所でもよく手伝っている所を見掛けた。

とにかくきちんと丁寧によく働くお父ちゃん。部屋も毎日ピカピカにしてくれて素晴らしいゲストハウスだと思います。

レンボンガン島へのアクセス方法

Sanur フェリーターミナル
Jl. Hang Tuah No. 27, Sanur, Kota Denpasar, Bali 80227 インドネシア
場所をGooglemapで見る

レンボンガン島やギリアイランドなどに自力で行く場合は、上記サヌールの「フェリーターミナル」へ行き、Scoot Fast Cruises(スクートファースト・クルーズ)のカウンターへ相談に行きましょう(画像参照)。

バリ島、ロンボク島、ギリ・トラワンガン、ギリ・アイルの間でスピードボートを運航している信頼出来る会社です。

Scoot Fast Cruises公式サイト

レンボンガン島やギリ・アイランドへのチケット購入方法

上記Scoot Fast Cruisesのカウンターへ行けば、サヌール港に日本語が話せるスタッフがいます。そのスタッフにお任せするのが一番安心かと。

日本語が話せるスタッフが万が一いなかったとしても、パンフレットに料金など全て書かれているので、片言英単語でも十分通じると思います。

各離島へは料金が一律になっているので、それ以上にも以下にもならないでしょう。

フェリーチケット購入例

私の場合で説明したいと思います。ちなみにScoot Fast Cruisesではホテルへの送迎も付いています。

私の巡ったルートサヌール(バリ島)

レンボンガン島

レンボンガン2ヶ所目ホテルから

ギリ・アイル(ロンボク島)

ギリ・トラワンガン(ロンボク島)

サヌール(バリ島)

こんな我がままなルートにも答えて貰えるのです。

レンボンガン島&ギリアイランドへの費用(料金)例

サヌールからレンボンガン迄は、ゲストハウスでチケットを手配しました。

本当はギリアイランドへの全てを頼むつもりでしたが、イマイチ詳細がはっきり分からなかったので、少し割高になる事を覚悟の上、各島でチケットを購入するつもりでした。

サヌール(バリ島)

レンボンガン島

603,750ルピア(約4,680円)

レンボンガン島

レンボンガン2ヶ所目ホテルからの送迎

ギリ・アイル(ロンボク島)

ギリ・トラワンガン(ロンボク島)

サヌール(バリ島)

1,500,000ルピア(約11,620円)

ゲストハウスからレンボンガン迄ちょっと高いので、ホテルなどで頼むと手数料を上乗せされているかと思います。

レンボンガンからのチケットは、送迎に来てくれた日本語が通じるおじいちゃんから買うことに。



サヌール港でレンボンガンからギリアイランドへのチケット購入まで

レンボンガンへ出発の日、このおじいちゃんが迎えに来てくれました。

送迎車には既に一組のカップルが。私の隣にはオーストリアの女性が座っていて、これからどの島に行くのかなど話をする事が出来ました。

このオージーもバリ島のビーチは波が高いと感じていたらしく、ギリアイランドでは波が穏やかだと言うことを教えて貰ったり。

他にもお互いの国の話をちょっとしましたが、この何気ない交流がとても好きです(*^^*)

サヌール港の駐車場で見掛けた車…

それにしてもこのおじいちゃん、オージーカップルの荷物もあるのに私の荷物だけ運んでくれる。

待合所に到着すると、レンボンガンからは何処に行くか日本語で聞いてきた。なるほど、次のチケットを買わせたいのね。

全てのルートを説明すると、受け付けまで連れて行ってくれて、まずはレンボンガン迄チケット購入している事のチェックを済ませる。

クレジットカードでの支払いを希望したところ、バイクへ乗せられある場所へ。

タイのバイクタクシーよりは安全運転でした(笑)

銀行の窓口の様な場所で支払い完了!

チケットの手配をしてくれたおじいちゃん、とてもキチンと仕事してくれたお陰で、細かな日時や各ホテルの送迎なども伝える事ができ、チケットを購入する事ができました。




レンボンガン島上陸!

サヌール港を出ていよいよレンボンガンへ向けて出発です!

船の中はこんな感じ。

多少の揺れはありますが、船内はとても快適。船が出てからレンボンガン迄2時間もかかっちゃいました。

そしてついに到着( ≧∀≦)ノ

到着直後の動画(21秒)

船から降りたあとは荷台に乗せられ各ホテルへ!

ポチっと応援お願いします(*^^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

人気ブログランキング

こんにちは。 アラフィフ女一人旅のnanacoです。 レンボンガン島では二ヶ所のホテルを利用しました。どちらも船着き場の側だったので...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク