【スペイン旅行記15】世界遺産トレドの街並みと現地で食べるスペイン料理|海外女一人旅ブログ

スポンサーサイト

こんにちは。
アラフィフ女一人旅のnanacoです。

スペイン4日目は、世界遺産に認定されている「古都トレド」観光です。

美しい街並みを観光した後は、たまってしまった衣類をホテルで洗濯!その時の様子と、レストランで苦戦した内容をまとめてみたいと思います。

こんにちは。 アラフィフ女一人旅のnanacoです。 旅友さんとご一緒する予定だったスペイン旅行ですが、事情により結局今回もおひとり...

スペインの古都トレドを一日で観光するおすすめモデルコース

ホテルに到着すると店主が「1泊だけなの?」こんなに素晴らしい場所に来たのに1日しか観光しないなんて。と、こんなことを言われてしまいました。

私ももったいないと思います!

仕方ないので、ざっくりと計画していたルートを一日で観光してみました。


参考ルート:オトラスペインサイトより

トレドモデルコース
①ソコドベール広場 ②サンタ・クルス美術館 ③アルカサル(軍事博物館) ④ミラドール(トレド展望台) ⑤カテドラル(トレド大聖堂) ⑥サント・トメ教会 ⑦エル・グレコ美術館 ⑧トランシト・ユダヤ教会 ⑨サンタ・マリア・ラ・ブランカ教会 ⑩サン・ファン・デ・ロス・レイエス教会 ⑪ビサグラ新門

かなり坂が多い観光地ではありますが、健康な人であれば一日でまわれなくはない感じです。

私が旅行したのは10月ですが、半袖で観光する人がほとんどってくらい気温も高い中トレドの街を歩くのはなかなか大変!

それでも街並みを眺めていると疲れも吹っ飛びます。

⑥サント・トメ教会の中へ入ると、エル・グレコの傑作「オルガース伯爵の埋葬(THE BURIAL OFTHE COUNT OF ORGAZ)」を見学できるようになってます。

View this post on Instagram

Nataliya Bataragaさん(@bataraga_nataliya)がシェアした投稿

オルガス伯の埋葬
西: El entierro del Conde de Orgaz, 英: The Burial of the Count of Orgaz)は、スペインルネサンス期のギリシャ人画家のエル・グレコが1586年から1588年にかけて描いた絵画[1]。トレドのサント・トメ教会の所蔵で、グレコの最高傑作と言われている。非常に大きな作品で、画面上は天界と現世に明確に上下分割されている。情報提供:Wikipedia

ちなみに私は中へ入ることが出来ませんでした( ;∀;)トレドを旅行する方は是非入ってみてくださいね。

エル・グレコ美術館やトランシト・ユダヤ教会も通りすぎるだけ。

ほとんどの観光名所は外観を眺めるだけとなったため、ここから先は画像をペタペタ貼っていきたいと思います。

全ての教会に入りじっくり見学したいところですが、芸術性の高い外観を眺めながら歩くだけでも十分満足することができるんですよ。

積み上げられたレンガを見るだけでも歴史を感じられて本当に楽しい。

博物館のように美しい街並みはどこまでもつづきます。

トレドを代表する「サン・マルティン橋」に近づくと急な下り坂になり(帰りがきつい!)

サン・マルティン橋を渡るとトレド旧市街全体が見渡すことが出来ます。

サン・マルティン橋からの眺めもいいですが、やっぱり街全体を見たいのなら、④ミラドール(トレド展望台)まで行ってみるべきでしょう!ちなみに私はタクシーで行ってきました。

スペイン観光は現地オプショナルツアーを利用する価値あり!

このブログだけを読んでいる方は、私が簡単に旅行している様に感じるでしょう。

実際は悪戦苦戦しながら旅行しているのです( ;∀;)

私の様な100%個人旅行にこだわらず、現地オプショナルツアーを利用するのは時間の短縮にもなり、こぼすことなく現地を堪能できるので絶対おすすめです!

このトレドも、日本語ガイド付きでラクに観光することが出来ますから。個人的には私の様な無謀な一人旅はおすすめできません(-_-;)

「VELTRA」の海外現地オプショナルツアーを利用した方が、どんな国からでも安全に色んな場所を観光できちゃいます。

世界遺産トレド 半日観光ツアー<午後/日本語ガイド/マドリード発>

迷路のように入り組んでいるトレドの観光には日本語ガイド付きツアーがオススメ!トレドを一望できる展望台、繁栄の象徴である大聖堂、「オルガス伯の埋葬」で有名なサント・トメ寺院へも入場する充実の内容です。
出発場所:マドリード発
日本語ガイド付き
金額:EUR45.00~(約5,800円)
マドリードからトレド迄連れて来てくれて、半日でトレドの街全体を観光できて5,800円は絶対に安い!しかも日本語ガイド付きですからね。
スペイン(海外旅行先)ではチェックですよ!




パラドールで古都トレド旧市街を見渡せる部屋の予約がおすすめ!

時間とお金に余裕があれば「パラドール デ トレド」での宿泊がおすすめ!


画像提供:Expedia

パラドール デ トレド(Parador de Toledo)
4つ星ホテル★★★★
住所Cerro del Emperador, s/n, 45002 Toledo, スペイン
TEL:+34925221850
Googlemapで場所を見る
1泊:平均約1.5万円

トレドの絶景を独り占め出来るのがこちらのホテル!

「トレドの街を見渡せる部屋を予約したい」と予めリクエストしておけば、ベストポジションを確保する事も可能!

こんな素晴らしい立地にありながら、1泊1.5万は絶対に安いと思います。2人で泊ればその半分、ビジネスホテルと変わらない金額程度ですから。

出来れば私も泊まりたかったー((T◇T゚)゚

一人旅は食事に困る!スペインのレストランでの大皿

炎天下の中、坂の多い観光地を散々歩き回るとたまってしまうのが「洗濯物」。一泊ずつごとに移動してきたので、ホテルに洗濯を頼むことも出来ません。

荷物を少なくするため服も最小限しか持ってきていないのです。だから自分がシャワーを浴びる前にまず洗濯!

今回は浴槽で踏み踏みしながら洗いましたが、下着程度のものなら、ジップロックに水と洗剤を入れれば簡単に洗うことが出来ますよ(‘-‘*)

そして持ってきていた紐を固定し干す!

下着程度なら簡単ですが、こんなに大きな物を実際洗って干したのははじめて。

洗うまではよくても絞るのがね…

女性の力では辛い…

辺りは暗くなりお腹もすいていたので食事に出ることに。

スペインはレストランが一番苦手!

  • スペイン語しか通じない
  • メニューに写真なし英語なし
  • 知ってるスペイン料理がない

こんなとこばかりで。

ここでも「サラダ」だけは分かったんです。

でもこのボリューム!

ツナ缶開けて大雑把に刻まれた野菜がドーン!

これだけではさすがに寂しい…

そこで店員に相談しても、なかなか通じない。

やっと通じたのが「肉」

肉が食べたかった訳ではないけど、アレコレ尋ねた中で店員に通じた単語が「肉」だっただけで。

でも「肉」ならおすすめがある!

っておすすめするので注文してみると

出てきたのがこちら。

一見美味しそうですが、塩分強めで正直サラダも肉も美味しくない…

この中で唯一美味しいと感じたのはジャガイモくらい。。

12月のスペインに向けて、簡単なスペイン語は覚えていかなきゃ!

つづく

ポチっと応援お願いします<(_ _)><(_ _)>

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

人気ブログランキング

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク