韓国旅行記1)ソウル観光初心者5泊6日LCC機内持込の注意点|海外女一人旅ブログ

スポンサーサイト

こんにちは。
アラフィフ女一人旅のnanacoです。

いよいよ韓国へ向け出発( ≧∀≦)ノ

今回は初っぱなからホテルの失敗などあり、手荷物重量ギリギリだったりで、相変わらずな感じですが、目一杯楽しんで来たいと思います♪

海外旅行当日パスポートの失敗

海外旅行での失敗で一番痛かったのが、パスポートを忘れたとき…

本当にそんな人いるんだろうかって思うような失敗をしたことがあります。。

結局、香港のエアチケット二回購入するはめに( ;∀;)慣れて来た時が危険!十分注意して旅行しなくては!

エアプサン(LCC)機内持ち込み荷物のサイズと重量

2018年6月21日から中部国際空港セントレアと釜山との間に新規就航することとなったエアプサン。LCCが少ない東海エリアでは嬉しい限りです。

そのエアプサン就航セールのお陰で、今回のソウル往復1.6万とお安く購入できました♪

荷物も機内持ち込みだけにしたものの、5泊6日ともなると、ちょっと小さい?

サイズは大丈夫そうだけど、スーツケース事態が重くて重量が心配…

機内持ち込みサイズ

携帯手荷物として機内に持ち込み出来るサイズ

三辺(縦/横/高さ)の合計が115cm以下ただし、各面の最大値は40cm(幅)、55cm(長さ)、20cm(高さ)で制限。

機内持ち込み重量

重量10kg以下の手荷物1つまで

※機内持ち込み手荷物許容量の基準を超える手荷物は、搭乗ゲートに委託する時に手数料が追加請求されます。(個数/重量超過料金別途付加)

詳細はエアプサン公式サイトで

チェックインカウンターで、重量は10キロ迄ですので、気を付けて下さいね、と言われてしまった。ちなみに現状の重さを聞くと、

9.6キロ!!

危っぶねー!!

ギリギリでした…

最小限に荷物を減らしてもこれくらい重たくなるのか。ソウルから帰国する時は気を付けないと!

エアプサン(Air Busan)LCCの口コミ

エアプサンは初めて利用してみましたが、機内が思いのほかキレイ!

  • 機内が明るくキレイ
  • 客室乗務員のお兄さんがイケメン
  • 天候のせいか激しく揺れた

こんなところです。たった二時間のフライト、ずっと寝ていたので特に不快に感じる事もありませんでした。

ホテル選びでの失敗

今回思いっきり失敗したのがホテル選び。ソウル初心者の私は地理が頭に入っていないまま、適当な安宿を予約。前日(昨日)仁川空港からホテル迄ののアクセスを調べていると…

ガイドブックの地図からはみ出した場所にあり、空港から二時間近くかかる!

悩んだ結果キャンセル( ;∀;)

20代の頃ずっと一人暮らしで、貧乏性が抜けきらない結果がコレ。

キャンセル料4,500円なり。

立地重視!ソウル市内の宿泊ホテル

ニュー天地(ニュチョンジ)ホテル

NEW CHONJI TOURIST HOTEL
海外ソウル特別市 中区 乙支路 38ギル 20

東大門歴史文化公園駅
トンデムンヨッサムナコンウォン
Dongdaemun History & Culture Park
12番出口 徒歩6分

1部屋 x 4泊:20,330円

ニュー天地(ニュチョンジ)部屋の口コミ

旅行前日に決めたホテルなので、多くは求めず立地を重視して決めました。

レビューには「中央の部屋だと窓がない」と書いてあったものの、日本人の評価はとても高かったのが決めて。

窓のない部屋を覚悟で行くと、角部屋で窓が付いてた。・゚・(ノ∀`)・゚・。

しかしホテル内は、一階部分以外はとても薄暗い。良く言えばレトロ。悪く言うとジジ臭い。

  • 東大門、明洞観光にも便利
  • 駅から近い
  • 部屋が広くて清潔
  • Wi-Fiの調子が良い
  • フロントでは日本語が通じる
  • ホテル周辺にコンビニや飲食店が多い
  • インテリアがレトロ
  • 立地の割に安い
  • ホテル内全体が薄暗い
  • 夜は暗さが気にならなくなる
  • お風呂はシャワーのみ

こんな感じです。

ニュー天地ホテル周辺の口コミ

ホテルは大通りから一本中に入っています。周辺はこの画像で見ての通り、おめでたムード(笑)。下町っぽく小さな飲食店が沢山あります。

ホテルに入る前から、ズンズン音が響いていて。ホテルに隣接している?ポスターの絵からして社交ダンス??

謎は多くありますが、部屋への影響は無さそうなので、よしとします。

ソウル初心者観光つづく

ポチっと応援お願いします<(_ _)><(_ _)>
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

人気ブログランキング

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク