オーストリア旅行記3)ウィーン旧市街地と聖ペーター教会パイプオルガン&合唱コンサート

スポンサーサイト

こんにちは。ナナ旅の
nanaco(@nanaco46841391です。

ウィーン2日目は雨も上がり、世界文化遺産に登録されている歴史地区を観光することが出来ました。その時の様子です。

ヨーロッパ女一人旅!イタリア→オーストリア→スイス旅行18日間のスケジュールと、宿泊するホテルの詳細を書き出してみました。その結果、ヨーロッパ周遊旅行18日間の全費用は!?ホテルは安宿やゲストハウスを利用したため、まずまずな感じで安く計画できているかと思います。

無料でパイプオルガンの演奏が聴けるウィーン聖ペーター教会

この日ベネチアのゲストハウスで知り合った、Aさんと合流しランチ♪インドネシアから入り、ギリシャなどを経由しイタリアへ来た話しを聞き、かなりワクワクの時間を過ごすことが出来ました(( °ω° ))

Aさんは15時から聖ペーター教会で行われる、無料パイプオルガンの演奏会へ行くと言うので一緒に行くことに♪

聖ペーター教会
Katholische Kirche St. Peter
Peterspl. 6, 1010 Wien, オーストリア
Googleマップで場所を見る

私達が到着したのはちょうど15時、席は全て埋まっていて満席。教会の内装がとても美しくつい見入ってしまうほど。

ちなみに天蓋に描かれたフレスコ画『聖母マリアの被昇天』も有名です。

パイプオルガンがどこで演奏しているかと言うと

後ろの上部分で演奏していました(観客は全員前を向いていて、後ろから曲が流れてくる状態)

パイプオルガンだけかと思ったら、その後前列に座っていた方が前へ集まり合唱が始まったのです。席に座れなかった代わりに、舞台のすぐ近くで観る事が出来たのでラッキー

美しい歌声で感動!動画では一部しか撮っていませんが、無料コンサートでパイプオルガンと本格的な合唱が何曲も聴けて来たかいがありました。




世界文化遺産に登録されているウィーン歴史地区の名所

初日は雨の為旧市街地までは来れなかったので、この日は一日歴史地区の散策へ。

ウィーン歴史地区

歴史地区と言ってもカフェやショッピング街の中に集中してあるので、休憩しながらボチボチ観光することができます。


ペスト記念像

歩行者天国となっているグラーベン通りを歩くと現れる「ペスト記念像」。記念塔の一番上と下部が金色に輝いていたのが印象的です。


シュテファン大聖堂

中でもインパクトが大きかったのが「シュテファン大聖堂」。

観光地のど真ん中にあるのでとにかく目立ちます!

存在感が半端ない!グルリと一周して写真を撮りまくる。

やっはり乗っておいても良かったかなと思うのが馬車で、一生に一度くらい貴族になった気分を味わえていたのかも。

ウィーン国立歌劇場

やたらショパンのコスプレをした人が目につくと思ったら、ウィーン国立歌劇場の側でした。

私はそこまでクラシックに興味がないため、ウィーンはちょっと見て行くだけの場所でしたが、今回観光することで興味がわいてきましたね~

ショパンをメインにしているお土産屋さんも目につきます。

お土産として買って行きたかったのはこちらの壁掛け。

重量的に持って帰るのは絶対無理…

明日はザルツブルクへの移動日です。

最後にどうしても行ってみたい場所があと一つ!ウィーンと言えば「ザッハトルテ」ってことで、最後に行ってまいりました。




ザッハトルテで有名な老舗店「カフェザッハー」

カフェ ザッハー
Café Sacher Wien
Philharmoniker Str. 4, 1010 Wien, オーストリア
Googleマップで場所を見る

チョコ大好きな私としては見逃せない!

20時近くになっていたけど、夕食よりこちらが優先♪

こんな時間でも観光客はけっこう多い

そして念願だった本場のザッハトルテの登場です(*゚▽゚*)

で、お味は?

甘~~い‼️
チョコもスポンジも、とっても甘い!

言いようによってはほろ苦く甘い??チョコ好きですが、これは…

甘過ぎてスポンジ部分半分残してしまった。。チョコも私は好みでないかも…本場の味と言われればそれまで。勉強になりました!

次はいよいよザルツブルクへ移動です。

つづく

< ランキングに参加しています >
バナーをクリックするとポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

人気ブログランキング

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク