【アイルランド旅行記1】アイルランド国営エアリンガス(Aer Lingus)航空はLCC?海外女一人旅ブログ

スポンサーサイト

こんにちは。
アラフィフ女一人旅のnanacoです。

スペイン9泊10日のところ、行きと帰りの立ち寄りが多く、ドバイやアイルランドを入れると13日間旅行してたことになります。

今回は「アイルランド」でのトランジット8時間15分を利用し、ダブリンを観光した様子をまとめて行こうと思います。

その前に、

わたしは中部国際空港からマラガ(スペイン)までエティハド航空でチケットを購入したのですが、出発時チェックインカウンターでは、アイルランドまでの航空券しかもらえず…

日にちをまたいでいるから、と言う理由らしく

当日分のチケットしか出せないと言われ、マラガまでのチケットはダブリン(アイルランド)の空港で貰ってくれって。確かに52時間もかけて目的地へ行ったことがないので、こんなこともあるのかと。

あともう一つ

ダブリンからは航空会社が「Aer Lingus」に変更されましたって。へ?何それ??

よくわからないままアイルランドへ到着したのです。この「Aer Lingus」が謎の航空会社で、その時の様子からとなります。

こんにちは。 アラフィフ女一人旅のnanacoです。 旅友さんとご一緒する予定だったスペイン旅行ですが、事情により結局今回もおひとり...

エアリンガス(Aer Lingus)航空はお年寄り専用機なの?

中部国際空港

アブダビ

ダブリン(アイルランド)

ダブリン到着後、空港職員のもとへ行きチケットなどを見せると、特に問題なくマラガ迄のチケットを作って貰えました。

「Aer Lingus」と見たことない航空会社で。

一番不思議だったのが、乗客の9割は高齢のお年寄りだったこと!

何の飛行機なのか?

福祉専門の飛行機とか?と思いながら様子を伺っていると、まもなくお食事の時間がやってきた。

エアリンガス(Aer Lingus)機内食は有料

客室乗務員が側まで来たとき、隣に座っていた老夫婦がお金を支払い購入していて、

まさかの有料?LCC?

お腹がすいていたので私も購入しましたが、

どうも座席のカタログから選べるようなのです。

Aer LingusはLCCなのか?と思いつつ、ロール状の食べ物とコーヒーを注文。

コーヒーを頼んだらミルクを3本も付けてくれた(笑)クレープ状の中身はチーズや野菜が入っていて、考えていた以上に美味しい( *ᵅั ω ᵅั*)

カップには挽いた豆の粉末が入っていて、口元近くにフィルターがついていた。

他にも美味しそうな食事やお菓子が沢山あり、もっと早く見ておけば良かったなと。

当然アルコールもありましたが、乗客は本当にヨボヨボのご老人ばかりなので…

帰りエアリンガス(Aer Lingus)でアイルランドまで

今度は帰りの話しです。

マラガ(スペイン)からダブリンへ向かうとき。やっぱり乗客はほとんど老人で、行きより年齢層が上がってる気がしたのです。

マラガを出発する時の時間は深夜2時。

老人達にまぎれダブリンまで出発です。驚いたのはダブリンに到着し、飛行機から空港までの通路で!!

20台くらい車椅子が

ズラリと用意してあって!

本当に驚きました…

エア・リンガスはアイルランド国営のフラッグ・キャリアだそで、長距離のフライトはないそうですが、老人だらけなのはいまだに謎のまま…

つづく

ポチっと応援お願いします<(_ _)><(_ _)>

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

人気ブログランキング

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク