韓国旅行記6)ゲストハウスと景福宮観光|ソウル初心者海外女一人旅ブログ

スポンサーサイト

アンニョンハセヨ~
アラフィフ女一人旅のnanacoです。

いよいよ韓国最終日となりました。翌日のフライトが早朝と言うこともあり、最終日だけ空港近くのゲストハウスへ宿泊。そして最後に景福宮へと行ってまいりました。

韓国ソウルの観光名所・景福宮

韓国を代表する古宮のひとつに挙げられる「景福宮」は、3号線「景福宮駅」5番出口すぐと、とても便利な場所にあります。

景福宮日本語無料ガイド案内あり

画像提供:KONESUTO

興礼門から中へ入るとすぐ右側に案内所があります。日本語無料ガイド案内を希望の場合、時間に合わせて案内所の前で待てば参加が可能です。

所要時間:60~90分
時間:10:00、12:30、14:30
デジタルガイド機器レンタル

「景福宮」駅を出て向かうと

全裸の男性像にお辞儀される。

チマチョゴリを着ていると入場料300円無料になることもあって、韓服姿を多く見かけました。

このチマチョゴリの群れに着いていくと

入り口へと到着。

この日ホテルをチェックアウトしてきたので、スーツケースなどの荷物が多い。最寄り駅でコインロッカーなど探してもないと言われてしまった(;>_<;)

荷物は景福宮内にロッカーあり

入場料を支払い入り口に行くと、門番が荷物はあちらへと指差した。

やった!これで重たい荷物を引きずりながら観光しなくてすむ。

しかし、ロッカーの鍵が壊れている場所も多いため注意です。

荷物を預け、じっくり観光することに。

韓国独自の美しい色合いが素敵です。

訪れた国の文化に触れるのもいいものです。

10:00から無料の日本語ガイドも利用出来るそうですが、私は13:30に到着したので、一人でふらふら見てまわるていど。

これだけの歴史的建造物が世界遺産に認定されていないのが不思議なほど。

何度見ても美しい柄です。

王宮守門将交代儀式の時間

画像提供:KONESUTO

朝鮮時代の王宮で門の開閉や警備を担った守門軍(スムングン)の交代儀式を、専門家による歴史考証を通じて再現したのが「王宮守門将交代儀式(ワングンスムンジャンキョデウィシッ)」です。

毎週月曜日を除く毎日、交代儀式の出演者たちがソウル都心を練り歩く巡察パレードが行われます。ルートは、11:25~11:40徳寿宮→ソウル広場→太平路(テピョンロ)→光化門広場(クァンファムンクァンジャン)→徳寿宮のルートを行進します。11:00~12:20の間、普信閣では、打鐘行事も観覧できます(月曜日を除く)。
※基本的に所定の時刻に行なわれますが天候等の事情により中止や開催時刻、内容が変更される可能性がありますのでご注意ください。
問い合わせ:
・ソウル市文化財課 02-2133-1117(韓国語)
・ソウル市総合情報電話案内タサンコールセンター局番なし120、ソウル市外から02-120、日本から+82-2-120、+82-2-731-2120(日本語可)
by.KONESUTO

1時間半ほどで全体を見学してまわる事が出来ました。

この日は少し曇っていたため、観光しやすく過ごしやすくてよかった。

翌日はいよいよ帰国!

朝早いフライトなので、空港側のゲストハウスへ移動です。

ゲストハウス ジョー ゲストハウス の口コミ

ゲストハウスって人生で3回程(大昔)利用しましたが、こんな大人になってからは久しぶりでドキドキ。

ホントに少しの間寝るだけなので、ゲストハウスでもいいかなと。部屋は女性三人部屋で、この日は私の他に日本人女性が一人いただけ。

ジョー ゲストハウス JO Guesthouse
一泊2,500円(三人部屋)

最初ここで本当にいいのか悩みました。

ポストには確かに名前が書いてある。

部屋番号入れてベルをならしてみると

扉が開いたので中に入っていき、オーナーらしき若い青年が荷物を持って部屋まで運んでくれた。

こじんまりとしたアットホームな感じです。

スタッフの男性はとても親切に説明して下さり好感が持てました。

ただ、最寄り駅からが遠い!

遠くに見える白い建物のまだ向こうが駅で

駅の改札を出てから20分近く歩きました(^^;

ソウル旅行最終日の焼き肉

駅の側にあった焼肉屋さんに入り一人焼き肉。カルビ二人前ですが量が多い!

肉を焼く周りに卵らしき物を入れて、どーするんだろう??って思ったら

気が付くと、ふわふわの卵焼きになってた!

他にも揚げが串刺しになって入っているスープとか。面白い。

ちなみにお昼はヨルムククス。麺はソーメンに似てて、サッパリした感じでした。

ソウル初心者観光つづく

ポチっと応援お願いします<(_ _)><(_ _)>
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

人気ブログランキング

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク