海外就職リファレンスチェックを受けた実際の質問内容見せます

海外転職リファレンスチェック

こんにちは!
ナナ旅のnanacoです(*’-‘*)

マレーシア就職で私が実際受けたテスト公開!の続きですが、今回は海外就職や外資系企業へ就職する時によくある「リファレンスチェック」についてです。

私もマレーシアで仕事を受けるにあたり、リファレンスチェックが必要になりました。

そこで、リファレンスチェックって実際どんな内容が書いてあるのか。企業はどんな返事をくれたのか。私が経験した具体的な内容を全部公開します!

海外で仕事がしてみたい!って考えている方は是非参考にしてみてください。

リファレンスチェックとは

海外転職リファレンスチェック

前開も紹介しましたが、

Reference Check=身元照会

企業側が応募者の、前職での働きっぷりや勤務状況はどうだったか、レジメ(職務経歴書)の内容に嘘や偽りがないかを確認する為に行うものです。

私は今回の海外就職ではじめて「リファレンスチェック」の存在を知りました。

で、ちょっとビビりました。問題は、どうしてビビる事になったのか、ですよね(;^ω^)

リファレンスチェックの準備

海外転職リファレンスチェック

実際頼みにくい場合が多いのでは?

私の場合、リファレンスチェックは非常に頼みずらかった。だって過去勤めた会社に、自分の働きっぷりを書いてもらうわけですよ。

仕事を辞める時って、働きにくい理由があるから辞めるわけで、決して円満退職ばかりではないじゃないですか!

  • 会社がブラックだった
  • 女の職場で人間関係ギスギス
  • パワハラ&ワンマン企業
  • 体調を壊し迷惑をかけ退職
  • 仕事が自分に合っていない

などなど。

実際は円満退職するケースは少ないんだと思います。

20代30代の頃なんて、まさか自分が海外に就職することになるなんて考えてもみなかったし。しかも3名のリファレンスチェックが必要だって言うんですから…

将来海外就職を考えている方は、今からリファレンスチェックを意識し、去り際を考えておくことが必要ですよ~!

海外転職リファレンスチェック

レジメの嘘はバレます!

応募時にレジメを提出しますが、リファレンスチェックの質問には、勤務していた期間や業務内容を聞かれる内容もあります。

だからレジメで嘘をついてもバレます。そして企業側の信頼を失う結果になるので嘘は絶対書かない!

会社にお願いする時の注意点

日本でリファレンスチェックはほとんど馴染みがないため、会社によっては拒否される場合があります。そうならないために次のことに注意するとよいです。

拒否られない為にすること

海外(外資系企業)からのリファレンスチェックはメールで送られますが、英語で届くことがほとんど。会社のセキュリティーよっては、海外からのメールを拒否る設定になっていることもあります。

リファレンスチェックをお願いしたい会社の担当者に、前もって状況を説明する必要があるのです。突然海外から英文でデータ添付付きメールが届いたら、普通は警戒します。私だったらスパムに登録する事間違いなし。

具体的な質問内容を知るには

リファレンスチェック初心者としては内容が知りたいところ。エージェントに聞いても教えてくれない事が多いでしょう。

私がリファレンスチェックの内容を知る事ができたのは、お願いした会社が、これでいいか確認してほしいとメールしてくれたのです。

超神!!!!

これにはホント感謝しまくり ヽ(;▽;)ノ

会社やスタッフとの関係が良好なら、送る前に一度確認させてもらえるとベスト。頼めない方の為にもう一つ方法があります。

それは、リファレンスチェックを返信する時、BCCで私のメアドも入れてくださいとお願いしておくこと。そうすると私にもチェックされることになるので、多少意識した回答にしてくれるんじゃないかなと。

あまいかな?

実際の質問内容&会社の答え

海外転職リファレンスチェック

このブログを読んでいる方のほとんどは、質問内容に一番関心があるでしょう。そこで実際のリファレンスチェックの内容を紹介します。

リファレンスチェックの質問内容

企業によって内容は異なってくると思います。私の時はこんな内容でした。

  1. 仕事の立場と仕事の責任は何?
  2. 転職を探す理由を知ってる?
  3. 仕事開始日と期間
  4. 仕事のパフォーマンスと質は?
  5. 同僚との人関係
  6. 上司との関係
  7. 最大の成果は何だと思う?
  8. 改善した方がいいと思う事
  9. 勤務上問題はなかったか
  10. 精神疾患や健康関連の問題は?
  11. 間警告状を受け取ったことあるか
  12. 再雇用したいか

質問内容を簡略化してますが、大体こんな内容です。

実際会社が出した答え全文

参考までに、お願いしていた会社が送ってきてくれたた実際のものです。

海外転職リファレンスチェック

※画像を大きくして見る

これ送って来て貰った時は、正直怖くて確認できませんでした。この記事を作るにあたり、初めてデータを開いてみたのです。

医療関連の仕事を請け負い、ホスピタル精神が非常に高い会社だったため、よほど酷い事は書かないと思っていましたが、申し訳なくなるほどの評価を頂き本当に感謝です(涙)

実際は多々ご迷惑をおかけていたのに、ホントご協力ありがとうございました!

リファレンスチェックで落とされる場合も

海外転職リファレンスチェック

私はフリーランスだった期間も長く、過去勤務した企業3社を探すのがメチャクチャ大変でした。ちょっとでも勤務した会社ならよしとの事でしたが、良い内容を書いて貰えるとは限らない。

エイジェントによると、3社のうち2社良い内容であれば、概ね合格と言われました。てことは、3社のうち2社が微妙な評価だった場合、落とされるってことですよね!

幸い何とか合格することが出来ましたが、結局2社しか思い当たらず、2社のみしかリファレンスチェックしてもらっていません。

マレーシア就職で私が実際受けたテスト公開!でも書きましたが、最終的に決めたD社ではリファレンスチェックありませんでした。

こんな感じですが以上です。

参考になれば幸いです!

最後までお付き合い有難うございました(*’-‘*)

< ランキングに参加しています >
バナーをクリックするとポイントが入る仕組みです。
応援のクリックお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする