韓国旅行記4)ソウル観光「三清洞」と安くて美味しカンジャンケジャン|女一人旅ブログ

スポンサーサイト

アンニョンハセヨ~
アラフィフ女一人旅のnanacoです。

ソウル旅行はありがたいことに連日晴れ。でも夏日が続いてとても暑い!そんな中、韓国の定番名所「三清洞」へ行ってきました。そして夜は念願のワタリガニの醤油漬を食べに!

韓国初心者定番「三清洞」を観光

せっかくソウルへ来たので、まずは定番の観光地へ行ってみようと、三清洞通り(サムチョンドンコリ)へと出かけてみました。

三清洞レトロさんぽマップ

画像by.コネスト

おしゃれなカフェやレストランが立ち並ぶ三清洞は、古き良き韓国情緒と今が共存した、モダンでレトロな町並みを楽しむ事ができます。

日本で言う「神戸」の様な感じかな。昔ながらの古民家を利用して店舗にしてみたり。

とても素敵な雑貨屋さんも沢山あって、お土産に買ってみたくなるかも。


画像by.コネスト

占いからお洒落なブティックなどもあり、のんびりショッピングを楽しむこともできます。

お散歩mapの上部分(赤文字の1~3)に行くほど上り坂になってきます。

駅に近い下部分はお店が沢山ありますが、上に登るほど古い民家が姿を現し、昔ながらの情緒を楽しめます。

観光客でいっぱいです。

暑くても来て良かったなと思える瞬間。

長い坂道を登り切った場所から見える景色は最高です。

三清洞へのアクセス(行き方)

コネストのお散歩マップには、地下鉄3号線安国駅1番出口から進むと書いてありますが、登り坂がかなり長く続くので、歩きやすい靴で行くことをおすすめします。あと体力ね!

ちなみに私はホテルの最寄り駅(地下鉄)から途中バスに乗り換えて行きました。

「東大門歴史文化公園」から6つ目の駅で下車。

Googlemapだと、更に黄緑色の路線に乗り換えて行くよう表示されていて、これがどうしても解読できなく悩んでしまった。

やっと分かったのが、シャトルバスが出てたんです。通常の大きなバスとはちょっと異なり、黄緑色の小型バスです。

ルートはこちら。

と言ってもハングル文字では分かりませんね。シャトルバスで行くと、上の方で停車してくれるので、体力のない方にはおすすめ。

ソウル地下鉄路線図はこちらからダウンロードできます。
韓国地下鉄路線図PDFファイル集は「コネスト」さんサイトが便利!

安くて美味しい人気のカンジャンケジャン(ワタリガニの醤油漬)

ソウルへ着いたら、絶対カンジャンケジャンが食べたい!と思っていたので、手頃な金額のお店がないか探しました。カンジャンケジャンの相場は5,000円~とかなり高い!もっとお手頃のお値段で食べられないのか。

そこで見つけたのが「阿峴洞カンジャンケジャン」1人前(渡蟹1匹)1,800円と激安!!ソウルの学生街、新村・梨大近くの街、阿峴洞で15年以上も続く老舗です。

阿峴洞カンジャンケジャンの口コミ

営業時間10:00~21:00で、到着したのは20:45。予約もしてないし半分諦めていたところ、お店に到着すると店内は満員。外にも数人待っている。店員の叔父さんと目が合うと、一名であることを伝える。よっしゃ、ここに名前書いて待ってろって感じで案内してくれた。

10分程待って中に通してくれた。店内は地元民でいっぱいです。

そしてこれが待ちに待ったカンジャンケジャン!

バンチャンを合わすと全部でこんな感じ。

お値段激安なのに

めっちゃ美味しい!!

とろっとろの蟹身と濃厚な味噌がたまりません!

食べる時には透明の手袋をはめていただくのですが、もう美味し過ぎてむしゃぶりついてしまいました!この日も満腹!

阿峴洞カンジャンケジャン店舗情報

Ahyeon-dong Ganjang Gejang
阿峴洞カンジャンケジャン
アヒョンドンカンジャンケジャン
https://www.konest.com/m/gourmet_detail.html?id=8550

店名 阿峴洞カンジャンケジャン
住所 04117마포구 굴레방로 13
主なメニュー ワタリガニの醤油漬け、ワタリガニの唐辛子味噌漬け
電話番号 02-312-7530
営業時間 10:00~21:00(ブレイクタイム14:00~17:00)
休業日 日曜・祝日

食べ終わると、市場の中にあるスーパーがまだ空いていたので入ってみることに。

海外旅行で地元のスーパーに入るのってとても楽しいですよね。

サムゲタンを作る調味料?(多分臭みを取ったり)発見。他にも色々お土産に買って帰りることに。毎日食い倒れる様にホテルに帰るわたしでした。

ソウル初心者観光つづく

ポチっと応援お願いします(*^^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

人気ブログランキング

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク